株式会社介護用品愛ショップ

あしこぎ車椅子(COGY コギー)プロファンド  魔法の靴

お問い合わせはこちら

あしこぎ車椅子(COGY コギー)プロファンド  魔法の靴 

あしこぎ車椅子(COGY コギー)プロファンド  魔法の靴 

2022/10/22

足こぎ車いすCOGY(コギー) TV放映その後                                   
 先日TV番組「カンブリア宮殿」でコギーが取り上げられました。
弊社ではすでに数年前から取り扱いを開始していました(主にAmazonでの販売)
しかしながらなかなか販売も伸びず鳴かず飛ばずの状態で推移していました。
それがTV放映の直後から注文が殺到、対応に追われました。
 メーカーも在庫がひっ迫し、今では数か月待ちの状態です。
TVの威力と、これだけ多くの方がコギーを必要としておいでなんだと、思い知らされました。
弊社がこの足こぎ車いすを扱いたいと思ったきっかけは、通常一般的な車いすは(電動車いす)も含め、一度乗り始めると下肢を使うことは少なくなります。
そのため下肢筋力は衰えがちです。これは言い換えると、車いすを利用し始めた方は何年たっても車いすから離れることが難しい、と言えます。あるいは車いすがないと生活が成り立たない。
その点、足こぎ車いすの場合自分の足でこいで移動します。そのため知らず知らず下肢筋力は鍛えられ強化されます。
そのことで完全に自力歩行は無理としても、杖などの補助具を使えば自力歩行ができるなどの可能性を秘めています。
他の人の力を借りることなく歩行できる、夢の車いすということができるのではないかと思ったからです。
自分の力で行きたいところに行ける、利用者にとっては何物にも代えがたいことではないでしょうか。

「魔法の靴」が地元紙、千葉日報で取り上げられました。  
 2022年10月22日朝刊一面で「GPS子供見守り」という見出しで紹介されています。
地元松戸市では、先日小学校に通うお子さんが川に落ち不幸にも亡くなるという痛ましい事件が発生しています。
弊社では以前から、認知症で徘徊される方の現在位置を検索するための靴「魔法の靴」を製造販売し、全国に提供しています。
徘徊する本人がお気に召して履いている靴と同じ靴に、小型GPS端末が装着できるように加工を施し、見守る家族は自分のスマートフォン・アイフォーンなどで位置検索を行なえば、徘徊している方がどこにいるかというのが瞬時にわかるシステムです。
ただこの魔法の靴の利用者は、弊社のデーターで言いますと、95%ぐらいが認知症で徘徊なさる方の検索に利用され、残り5%が多動性障害を抱えた子供さんや、成人の方で障害を抱えた方の位置検索に利用されています。
 弊社では日ごろから、小学校低学年の子供さん方の見守りに使用してもらい、身の安全を確保してもらえたらと思っていました。
 数年前には同じ松戸市内で、PTAの会長が同じ学校に通う子供さんを殺害する、といった事件が発生し、初件までに相当の時間をようし、事件の解決も長引きました。今回も子供さんが川にはまって亡くなる、といった事件が発生しており、こういう事件が発生するたびに、子供たちが魔法の靴を履いていてくれたら…
という思いを強くしていました。
今回お子さんが見つかるまでに、大勢のボランティアの方々や警察官の方が゜たが日夜捜索され、それでも2週間も要しました。もしもの話ですが、このお子さんが魔法の靴を履いていたら、!居なくなった!ということでお母さんのスマホで位置検索を行なったら、ものの数十秒でお子さんの居場所が特定できたはずです。
 こういう便利な道具ですが、全員の子供さんに「魔法の靴」を履いてもらうのには、大きく2つの問題があります。一つは利用料金の問題があります。これについては、介護認定を受けた高齢者が魔法の靴を利用する際は行政の補助が(行政によって差異があります)あるのと同様に、子供の利用にも補助が付くと、親御さんの経済的な負担も少なくなるかと思われます。
 もう一つの問題は、何点か識者の方が述べておられますが、GPSの悪用による児童虐待、過剰管理になる恐れ、また使用する子供の意見を、親が聞いて判断する必要があるのでは、といった意見などです。
個人情報保護法や子供の権利、人権などといった見地から考えることも、非常に大切かと思われますが、子供の命もかかっています。
権利、人権と命、天秤にかけることは難しいかと思いますが、皆様は如何お考えでしょうか。子供のための最善の利用法、御座いましたら是非ご提案ください。

サブタイトル

タイトル

サブタイトル

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。